住宅ローンでの落とし穴?金利のことやら

子供も大きくなってきて今住んでいる賃貸住宅が手狭になり、収入も安定してきたという事でマイホームの購入を考える方も多いと思います。

マイホームは一軒数千万円の大きな買い物ですから自分の所持金から支払える人はそう多くないはずです。そのため、多くの人が住宅購入の際には住宅ローンを利用します。

この住宅ローンですが各金融機関によって大きく違うのはご存知でしょうか。

住宅購入を考えた際はまずこの住宅ローンを調べることをお勧めします。このローンは各行によって金利や諸費用が決められています。そのため、下調べもなく購入する物件を決めてしまい不動産業者やハウスメーカーに勧められるがままに提携する金融機関のローンを契約してしまうと損をする場合も少なくありません。

わずか0.1%の金利でも35年もの長期間ですと大きな違いを生み出します。ですから、住宅を購入する場合はまず自分の払える頭金と毎月の返済額などの返済プランをたて、そのプランにあった金融機関を探すことから始めましょう。

このローン選びの際ですが、ただ単に低金利のローンを選ぶだけでは賢い方法とは言えずに思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性も否定できません。

ではどこで判断する必要があるかというと。まずはもちろん金利です。各行によって0.5%前後の差が出る場合もあるのですからなるべく低金利の金融機関を探しましょう。この際、変動と固定では安い金融機関が異なりますので注意が必要です。

次にローンを組む際に必要な諸費用を見てください。登記費用などは金融機関で違うという事はありませんが保証料や取扱事務手数料に差がみられます。

低金利の金融機関でもこの部分が高いと総支払額を見た時に高額な場合もあるのです。この保証料は、用意できる頭金の金額で増減することもあるので、各々金額が異なります。金融機関でいくら必要かを聞いてみた方が良いでしょう。

この諸費用もローンに組み込む場合、折角低金利の金融機関を見つけても金利上乗せのケースも珍しくはないのですから。

さて、無事にローンを組んで支払いが始まってからの落とし穴にも注意が必要です。払い始めの返済額を返済能力ギリギリの金額にしてしまうと変動金利を選択した場合、上昇してしまうと月々の支払いが困難になってしまいます。これでは、最悪マイホームを手放しローンだけが残る可能性もありますので落とし穴に落ちないように余裕をもった支払額を設定し、その余裕の部分を貯蓄に回すようにしましょう。

これで毎月の貯金もでき、返済額のあがってしまった場合にも対応できるようになります。

このようにして、様々なケースを想定し折角のマイホームを手放してしまうことのないようなプランを設計し余裕を持った返済をすることが重要です。